どれを選べばいいの?


竹酢スキンケアの選び方

竹酢スキンケア『TAS』にはいろいろな種類の製品があります。その中から何を選べばいいのか、なぜそれを選ぶのかについて、それぞれのページに書きますので、それを参考にお選びください。

(1)カサカサ肌の場合

『TAS』では、肌の状態を大きく3つに分けて製品を区分しています。もちろんもっと細かく製品が対応できればそれにこしたことはないのですが、現実的には大別していくと次第に絞られてきますので、結局3つに対応することで多くのケースをカバーできることがわかってきました。
まず、乾燥の激しい、いわゆるカサカサ肌、それがひどくなったガサガサした状態の肌です。この場合、しっかり肌をガードすることが大切ですので、肌の保護を考えたクリームと、その下で真皮・細胞間が蘇るようなチカラが必要です。それが「エッセンスモイスチャー」になります。それを組み合わせた製品はコチラ「カサカサ肌の方に」をご覧ください。

(2)ジュクジュクしている時

もともとカサつきが激しかったところへ、かゆくて掻き続けていると掻き崩し、体液がにじみ出てジュクジュクしている状態になってきます。肌表面が傷になっていますので、強力な保護膜よりもまずこの傷を鎮めていくことが必要です。この時、強い味方がオイルフリーの「エッセンスジェル」。オイルが肌に蓋をしてしまうことなく、濃い成分が傷を修復をしていきます。この場合は「ジュクジュクした肌に」をご覧ください。

(3)ジュクつきもあるし、カサつきもある

ジュクジュク度がそこまで激しくはないが、やはりかゆみがあるのである程度の掻きむしりや傷があり、一方でその原因となっているカサつきがある場合です。この場合、ある程度肌を保護する力と共に状態を良くしていく活性力も必要です。界面活性剤を使用せず、低刺激でそれでいてオイル分を少し含み肌も保護する「エッセンスクリーム」を使用します。この場合、「混合した状態の肌の場合」をご覧ください。

これらのクリームの種類は、下記グラフ(1)のような内容成分の構成の違いがあります。その違いは歴然。だからこそ使い分けによる効果が期待できます。また、グラフ(2)はこの違いによる効果の違い、つまり製品の特徴の違いになります。これが大きく区分される理由ですが、合わせて使用するローション類も必要に応じてご利用ください。




グラフ(1):肌を乾燥からまもり保護する役目の油分の量が、3つのクリーム類の特徴を大きく分けるポイントです。そして油分が入ると本来なら乳化するために界面活性剤(乳化剤)が必要となりますが、これが刺激となります。ジェルとクリームはこの乳化剤を使用していなくて極力ケミカル成分を排除しています。また、モイスチャーは天然系の乳化作用を使っていますし、脂質も多く含む機能性を持っていますので、他の2つのクリーム類とは少し性格が異なります。
グラフ(2):保護性・抗アレルギー性・活性力・低刺激性を大きく4つに特徴を分けてそれぞれのクリーム類の得特性を表しました。


(4)状態は激しくない。かなりおさまり今は比較的いい状態。予防に使いたい。症状はないけど敏感肌。まだ赤ちゃん、幼児。など

症状がある程度おさまり、強力なエッセンスシリーズを使わなくても大丈夫になってきたり、もともと症状が激しくない場合、予防的に使いたい、敏感肌を強くしたいなど・・・或いは赤ちゃんなので強くないものを使いたいというような場合は、濃度を一般的なスキンケア製品程度に抑えた「まろやかシリーズ」が適しています。「予防・アフターケア・敏感肌に」をご覧ください。竹酢をはじめとする多くの成分は、全般的に少量配合になっており、刺激を少なく、そして継続的に使うことで効果も得るように作られました。(エッセンスシリーズが特に濃いので比べると薄く感じるかもしれませんが、これでも一般的な濃度、或いはそれ以上入っています。)


 


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0